HOME ご利用方法 送料について お問い合わせ 新規会員登録 マイページ ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

ブランド別 > iChoc(アイチョコ)

iChoc(アイチョコ)

■iChoc(アイチョコ)のエコフィニア社について
iChoc(アイチョコ)についてiChocブランドを製造するエコフィニア(Ecofinia)社の工場は、ドイツ北東部に位置するヘルフォルトという小さな街にあります。1895年から続く老舗チョコレートメーカーがオーガニック事業としてエコフィニア社を設立。iChocは誰もが美味しく楽しんで食べられるオーガニックチョコレートブランドとして誕生しました。

エコフィニア社CEOのアンドレアス・マイヤー氏はiChocにかける想いを次のように語っています。「今回のiChocではヴィーガン(完全菜食主義者)の方までも、普通のミルクチョコレートのように美味しく食べられるようなチョコレートを作りたいと思っていました。 ヴィーガンライフスタイルにありがちな制約はなくなるべきですし、むしろ新たな選択肢への可能性を開くべきなのです。 ヴィーガンの方は食べられるチョコレートの選択肢がなく、いつもダークチョコばかり。 ダークチョコが苦手なヴィーガンは、ダークチョコを嫌々ながらも食べるか、チョコ自体を諦めるか・・。 これは中々大変ですし、ヴィーガンでいることを後悔する人も少なくありませんでした。 チョコレートは、人生の質を向上させ得る食べ物ですから。

iChocはそんな状況を打破するためのチョコレートです。 従来のミルクチョコレートのような味わいをコンセプトに、動物性原料を使わないレシピを開発。※ただし、原料の一部に乳成分を含みます。 ヴィーガンの人達にミルクチョコを食べた時のあの幸福感を再び感じて欲しい。愛情を込めてチョコレートを作ることで、それが実現できるものと願っています。」

また、マイヤー氏はオーガニックだから良いというだけではなく、被災地支援のKIDS基金プロジェクトや児童労働廃止への取り組みなど、 常に「世界中の子供たちに何かできること」を企業として目指しています。 自身がエチオピアから2人の子供を養子にしたことも、カカオ生産において、過酷な労働環境で働く子供たちを目の当たりにしたことが理由だといいます。 エコフィニア社のチョコレートブランドには、マイヤー氏を始めとする開発チームの想いがたくさん込められています。

Topへ戻る